大阪大学 大学院生命機能研究科

知覚・認知神経科学研究室(西本研究室)

私たちは、ヒトの複雑で多様な知覚・認知脳機能がどのような神経基盤によって成立しているのかを研究しています。

上記の目的のため、様々な知覚・認知体験下における脳神経活動(fMRI記録、電位記録等)を説明する予測モデルの構築を通じ、脳神経系における情報処理及び情報表現の定量的な理解を目指しています。

また予測モデルを応用することで、脳に学ぶ情報処理、脳情報デコーディング、個性の定量、およびそれらを介したより効果的な情報伝達のための数理基盤開発を目指します。


私たちは、以下の大学および国立研究機関において分野・機関横断的な教育と研究を行っています。

大阪大学 大学院生命機能研究科
  (大学院生受け入れ)

大阪大学 基礎工学部システム科学科生物工学コース
  (学部生受け入れ)

情報通信研究機構 未来ICT研究所脳情報通信融合研究センター(CiNet)

また、企業・大学・研究機関の方々との共同研究を推進しています。新規プロジェクトや共同研究にご興味のある方はお気軽にご連絡ください。


News

2022年11月15日

中井研究員らの論文がCommunications Biology誌に掲載されました。

2022年11月15日

日本神経回路学会オータムスクールASCONE2022において西本教授が講義を行いました。

2022年11月5日

情報計測オンラインセミナーにおいて西本教授が講演を行いました。

2022年11月4日

大阪大学まちかね祭2022において研究内容に関する展示を行いました。

2022年10月8日

第6回感覚フロンティア研究シンポジウムにおいて西本教授が講演を行いました。

2022年9月22日

大学院生の山口裕人さんに博士号(理学)が授与されました。

2022年9月22日

Zhang Chuyinさん(Monash University)らの論文がF1000research誌に掲載されました。

2022年9月1日

【応用脳科学コンソーシアム×竹中工務店】「脳科学と心地いい空間づくり」(大阪グランフロント)において西本教授が講演を行いました。

2022年8月28日

朝日新聞の特集記事「脳×IT、ひらく新世界」で研究内容が紹介されました。

... see all News